”蒲原中学校1年生が想う10年後の蒲原” 1年2組 5班

2020年12月10日
仮想10年後の蒲原
※引用 左:間取り変更!古民家リホォーム定番を3つ紹介のHP 右:土間コンクリート画像

意外と知られていられない土間コンクリートデザイン塗装)

最初に上のような部屋や床を使って昔のお店を再現していきたいと思っています。昔の蒲原の良さを残したいと思いこの内装にしました。

地域が賑わっていった方が来てもらった人により蒲原にまた来たいと、思ってもらえるのではと考えました。

※引用 お店駐車場画像サンプラザ第二駐車場

新しく作ろうと考えているお店の近くに駐車場を作ろうと思っています。

この空き地は草が生えているので、きれいにコンクリートします。観光客がその駐車場に止めて近くのお店に立ち寄ってもらいたいです。

お店の名前は、「桜の杏」です。

上の絵のように2つの建物にして、左が飲食店、右が屋台のようにしたいと思っています。右側の屋台では、食べ歩きできるものを売ろうと思っています。

そこで、食べ物を買い蒲原宿や御殿山を楽しんでもらいたいです。

左側の飲食店では、2階と3階を食べるところにして、特産品などを提供しようと思っています。スイーツは、季節ごとに変えようと思っています。

建物を少し高くして電車からも見えるようにすることで、お客さんに来てもらえるように工夫しました。

また、屋上を作って自慢の駿河湾が見えるようにしたいと思っています。

蒲原には、若者が少ないと感じたので、若者が来るようにお店の中に映えスポットを設置しようと思っています。

映えスポットは、1ヶ月で変えて飽きずに来てもらえるようにします。

また、お客さんが自由にかける落書きスペースを作ります。

さらに、このお店が提供しているものにリクエストカードをつけて、その物を買ったら映えスポットの絵をリクエストできるようにしたいと思っています。

 

Follow me!

PAGE TOP