”蒲原中学校1年生が想う10年後の蒲原” 1年1組 3班

2020年12月10日
仮想10年後の蒲原

~次世代型蒲原宿~

私たちが想う十年後の蒲原宿についてまとめました。

1,カフェ

 今の蒲原には、軽食がとれる所が少ないです。飲食店があった方が人が多く来てくれるのではないでしょうか。カフェの内部に蒲原宿の見所を紹介する場を設けたり、江戸時代の雰囲気を味わってもらうために着物を着て回ってもらいたいので、更衣室があったりしても良いのではないでしょうか。また、カフェのメニューが月ごとに変わったら継続して来てくれるお客さんが増えると思います。

2,プロジェクションマッピング・CG

 プロジェクションマッピングやCGなどの最新技術を活用します。例えば、建物の壁に大名行列や「蒲原夜之雪」等、さまざまなものを映し出すことができます。このように最新技術を活用すれば、人が来る可能性も高くなると思います。
 このように、蒲原宿に活気を戻すための案を紹介させていただきました。これから新しいものが沢山取り入れられていくと思います。ですが、私たちは今まで受け継がれてきたものを大切にしながら新しいものを活用する、そんな蒲原宿にしていきたいです

 

Follow me!

PAGE TOP